News

September 8, 2014 - Updated on January 20, 2016

Seoul-based Japanese reporter accused of defaming South Korea’s president


Sankei Shimbun’s correspondent is facing a possible seven-year jail term.
Tatsuya Kato, a Japanese journalist who is the Tokyo newspaper Sankei Shimbun’s Seoul correspondent, is the subject of a criminal libel prosecution over a story about South Korean President Park Geun-hye’s actions at the time of Sewol ferry’s sinking on 16 April. The newspaper had no inkling that Kato’s story would elicit such a heavy-handed reaction from the president’s supporters when it was posted online on 3 August. Prosecutors have questioned Kato several times since 18 August as a result of the complaints filed by an association of South Korean citizens. He is banned from leaving the country, he is under de facto surveillance and, if found guilty, he is facing a possible seven-year jail sentence. His story was notably based on information published on 18 July in the South Korean newspaper Chosun Ilbo, which has not been the target of any complaint. Based on questioning of the chief of staff at the presidential residence, called the Blue House, Chosun Ilbo mentioned a “rumour,” alluding to speculation about the president’s actions at the time of the tragedy. “It is completely normal for news media to ask questions about the actions of politicians, including the president,” said Benjamin Ismaïl, the head of the Reporters Without Borders Asia desk. “Vagueness about the president’s agenda during a national tragedy is clearly a subject of public interest. Furthermore, Kato’s story was based on information which was already online and which has not been the subject of any complaint. We call on the authorities to drop the charges against Kato and to lift the restrictions on his movements.” Five day’s after the article was posted online, two representatives of the South Korean embassy in Japan went to Sankei Shimbun’s headquarters to request its removal. Kato was notified on 8 August that he was being investigated and was interrogated for a total of 16 hours during the next few days. Sankei Shimbun is known for being critical of South Korea and is not popular with the South Korean public. South Korea is ranked 57th out of 180 countries in the 2014 Reporters Without Borders press freedom index. ------ Japanese version (Makiko Segawa) : 産経新聞特派員 最高7年懲役刑の可能性 東京に本社を置く産経新聞社のソウル特派員の日本人ジャーナリスト加藤達也氏は、名誉毀損の容疑で刑事告発されている。 旅客船「セウォル号」の沈没事故が発生した4月16日、同日、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が何をしていたかについて書いた 記事が 原因だ。  産経新聞は 8月3日に加藤氏の記事がネットに掲載されることで 、 このような過酷な 反応が大統領支持者の間で引き起こされるとは予測していなかった。  8月18日以降、複数回にわたり韓国検察は加藤氏を事情聴取。彼は出国禁止を命じられ、事実上の監視下に置かれている。もし有罪判決となれば、最長で7年の懲役刑を受けることが予想される。  投稿した記事 は、明白に7月18日付の韓国の日刊紙「朝鮮日報」に掲載された記事の情報を根拠としている。一方、朝鮮日報は何一つ告発されていない。朝鮮日報の記事は、青瓦台と呼ばれる韓国大統領府高官への質疑を基に、悲劇の事故発生時の大統領の行動に関して飛び交う臆測を呼び起こす“噂”について触れている 。 「国境なき記者団」のアジア担当デスク、ベンジャミン・イシュマルは、「メディアが大統領を含む政治家の行動について疑問を持つのはまったくの正論だ」と主張 。  「このような国民の 悲劇の最中における大統領の曖昧な日程は公共の利益にかかわる課題 。さらに、加藤氏の記事は、告発の対象にもなっていないネット上に公開されている情報に基づいている。我々『国境なき記者団』は、当局に対し、加藤氏への告発を取り下げさせ、行動の制限を解くよう強く要求する」   ネットに加藤氏の記事が掲載された数日後、産経新聞社本社まで在日韓国大使館の代表2人が訪問。 同記事の削除を求めた。  8月8日、加藤氏は捜査対象として調査されていることを告げられ、その後数日間、計16時間の尋問を受け続けた。産経新聞は、韓国に対して 批判的であることで知られ、韓国国民の間では人気はない。  毎年調査される「国境なき記者団」の報道の自由度に関する世界ランキングにおいて、韓国は2014年、 180カ国中57位だ。